着物買取サイトランキング2019!口コミ評判&全国相場公開!【和想い】

和想いTOP

愛着のある振り袖、どんなに思い出が詰まっていても着る機会がなければタンスの肥やしになってしまうだけ。。
収納場所を占領するだけになってしまいます。このサイトでは、その際に様々な方法の買取方法を調べてわかった、高く買取してもらうコツや、地域ごとの相場などを紹介していきます。

着物買取の相場はどれらい?

着物買取の相場はどれらい?
着物に限らず何かを売りに出すときには、1円でも高く買い取って欲しいと思うのが人情です。
しかし着物は素人が価値を正しく判断する事が難しいため、買い取り相場も査定に出す場所によってピンキリで変化します。
大切な着物を二束三文で手放してしまう事がないように、買い取り利用時には適正な価格で査定してもらうようにしましょう。

着物買取の相場は需要と流通経路で決まる!

そもそもの話として着物は一部の例外を除いて、査定に出しても値段がつきにくいものです。
買い取る側も趣味で着物を集めているわけではないので、買い取り後の販売需要が見込めないと高額査定をする事が難しいのは当然です。つまり需要の多い地域で展開しているお店や、幅広い販路を確保しているお店を利用すれば、一般的な相場よりも高額査定がつきやすいという事になります。

着物買取の相場が一番高い方法は専門サイトでの見積もり!

着物買取の相場が一番高い方法は専門サイトでの見積もり!
一ヵ所に店舗を構えて地元に根差しているお店では、どうしても需要や販路に限界があるのは仕方のない話です。
しかしネット展開している専門サイトであれば、買い取りも販売も全国が対象となるため相場は高値で安定する傾向にあります。また専門サイトは海外向けにリサイクル販売をしているところもあるので、傷んだ着物でも値段がつきやすいメリットも持っています。

その他の着物買取方法は?

質屋

相場という観点から見た場合、価値の高い着物であれば専門サイトに劣らない値段を提示される可能性もあります。
しかし着物の査定は専門性が高いため、質屋に正しく価値を判断できる人が働いているかどうかはギャンブルです。
利用時は口コミなどで事前に評判を調べるか、店舗に電話するなどして着物の査定ができるかを問い合わせた方がいいでしょう。

リサイクルショップ

着物に限らずいろいろなモノを買い取っているリサイクルショップでは、あまり高額査定に期待できません。
専門店ではないので安定した需要が見込めず、価値のある着物でも相場より低い金額を提示されるケースが目立ちます。
またスタッフには学生等のアルバイトも多いため、細かい査定に期待する事は難しくなります。

古着屋

前提として着物を取り扱っている古着屋自体が少ないです。
そして数が少ないため相場といえるほどのものがなく、仮に買い取り可能でも査定がどうなるかは完全に不透明です。
よっぽど特殊な事情がない限りは、着物を買い取りに出す理由はないでしょう。

持ち込み着物買取のメリット・デメリット

持ち込み着物買取のメリット・デメリット

ファッションや伝統文化として着物が見直されているとはいえ、着物を着る機会がめっきり減ってしまいました。
祖母や母、親せきなどから譲り受けたものの、着る機会がなくてタンスにしまったままという方も多いと思います。
そんなときは、着物買取店の持ち込み買取を利用してみてはいかがでしょうか。

着物買取・持ち込み査定のメリット

着物買取店へ持ち込みする場合のメリットをみてみます。

その場で査定、現金買取

持ち込んだその場で査定してもらい、価格に納得できればその場で買い取ってもらえます。
思い立ったらすぐに売却できるのも、処分を急ぎたい場合にはスピーディで助かります。

査定の様子がすべて見られる

目の前で査定が行われるので、評価をどのように行っているのか、直接見ることができます。
また、なぜその評価額になるのかを納得のいくまで説明してもらうこともできます。

着物以外のものも買取可能かすぐに確認できる

着物以外にも処分したいものがある場合は、一緒に持って確認してもらうことができます。
買取可能な場合は同時に引き取ってもらえます。

着物買取・持ち込み査定のデメリット

次に、デメリットです。

重い着物を持っていかなければならない

2~3着ならまだそれほど重くはないですが、数着~10着以上となってくるとさすが非常に重くなり、持ち運ぶのも大変です。

先客がいた場合、待ち時間がかかる

これは、着物買取に限らないですが、先にお客様がいた場合は、他に対応できる店員がいなければ待ち時間がかかります。

評価額に納得できないときに断りにくい

対面での査定ですので直接質問したり、意見を言ったりできるのは良い点といえます。
しかし、どうしても評価に納得できないという場合に、対面であるがゆえに断りづらいという点もあります。

着物買取を行ってタンスの肥やしを減らせる!

着物買取を行ってタンスの肥やしを減らせる!

昔着物というものは、親が着ていたものを子供に譲り渡し、またその子供にというように受け継がれていったものです。
洋服よりも仕立て直しも簡単にできて、しかもバラせば1枚布に戻ってくれる着物です。
最終的には風呂敷にしたりと、多様な使い方ができたのですね。
しかし今では着物を着る人も減り、結果親から子へと受け継がれることも減ってしまいました。
なのでせっかくの着物も、タンスの肥やしになってしまうようにもなりました。
でもこれは本当にもったいないものですね。
実際、自分には不必要でも誰かには必要なものかもしれません。
取っておくよりも、買い取りしてもらうほうがお金もなり誰かに役にも立ちますね。

着物買取はネットのほうが高価買取の可能性大!

着物買取はネットのほうが高価買取の可能性大!

幸いなことに今では、「ザゴールド」「福ちゃん」「バイセル」など、ネットで数多くの買取業者を見つけることが出来ます。
しかしどの業者が高く買取りをしてくれるのか、それが一番知りたいところです。

着物買取のネット査定は口コミが命

買い取りだけでなくどんな店でも、ネットの場合は直接には見て手に取って調べて、ということが出来ません。
なので、他に利用した人の口コミや評判が、指標となります。
着物の買取業者も非常に多くなっていますので、やはりこの口コミをよく読むことが大事です。
自分の持っている着物を少しでも高く買い取ってくれる業者を選ぶには、口コミでの比較が最も役に立つのです。

着物買取サイトの口コミって本当に信用ができるのか?

しかしこの口コミ、本当に信用ができるかもちょっと心配なところです。
というのも、あまりあってくれては困るのですが、サクラを使っていい口コミを流したりする業者もいないではありません。
実際に頼んでみたら、二束三文の値段しかつけてくれずに、逆に出張料を請求するような悪徳業者も、実は散見されます。
単純に口コミが良いからと、それだけで業者を選ぶのはあまりおすすめが出来ません。

口コミを参考に良い着物買取業者を探す方法

口コミを参考に良い着物買取業者を探す方法

しかしネットで買い取りの場合、この口コミは避けて通れないものです。
なのでここは、複数ある比較サイトで口コミも比較してみましょう。
当の買取業者のサイトの口コミだけでなく、比較サイトの口コミも利用するのです。
これをやってみると、業者の意外な面が見えてくることもあります。
大切な着物の買い取りです。
口コミを利用して業者を探す時には、その口コミ自体も比較しておきたいものですね。

着物買取で専門性の高いサイトほど対応が良い

着物買取で専門性の高いサイトほど対応が良い

ブランド着物をリサイクルショップへ売却すると、新しいかどうかという生地の品質以外の部分で査定されかねません。
大切に扱ってきた着物を売るなら、本当の価値を知る人に鑑定してもらう必要があります。

着物買取サイトの選び方

着物買取サイトを比較する際には、最低限次の3点のチェックは必須です。

査定無料で行ってもらえるか

着物買取サイトを利用した時に、査定無料でおこなってもらえるかチェックする必要があります。
二束三文で強引な買取をしようとする所は、査定時に料金徴収を行う所があります。

買取キャンセルした場合の対応

査定価格に納得できなかった時に、買取キャンセルした際の送料や出張料が掛からないかどうか確認しましょう。
買取した着物を転売すれば利益が大きいにも関わらず、満足できない査定価格に対して返送料を徴収する所は避けたいものです。

専門性と販路がしっかりしているか

加賀友禅や大島紬といった高級で人気の高い着物をしっかり査定出来る経験と知識がある着物買取サイトを選ぶと良いです。

着物買取サイトで買取価格相場の提示がある

着物買取サイトで買取価格相場の提示がある

着物買取サイトの選び方として、着物本体だけでなく帯や小物についても同時に買取査定出来る所が良いです。
帯の買取価格相場を公式サイトで公開していれば、買取相場に対する着物買取サイトの相場観が分かります。
買い取った着物をしっかりメンテナンスして再販に繋げる着物買取店が運営している所を選ぶと満足できます。

重さで査定する着物買取サイトを避ける

重さで査定する着物買取サイトを避ける

着物買取サイトを選ぶ時には、一点ずつしっかり査定を行う業者か確認する必要があります。
なぜなら、着物買取サイトの中には洗いに対する認識に乏しい経験不足の鑑定人が紛れこみやすいです。
熟練度が足りないマニュアル化された着物買取サイトは、重さで着物の買い取り価格を決めると知っておくと良いです。
大切な着物を売るなら、一点ずつコメントを付けて査定額を出す着物買取サイトに依頼しましょう。

着物買取でのよくあるトラブルと注意すべきポイント

着物買取でのよくあるトラブルと注意すべきポイント

今後着る予定のない着物、タンスに眠っていませんか?
管理も大変で、着物買取を検討されている方もいると思います。
でも、着物買取にはトラブルが多いイメージで不安…。
という方のために、トラブル例と注意点をまとめました。
着物買取には大きく分けて、出張買取と宅配買取があります。
それぞれの場合を見ていきましょう。

出張式着物買取サイトでのトラブル例

出張買取のトラブルでは、強引な買取、「押し買い」が以前はメインでした。
最近では着物買取にもクーリングオフ制度が認められるようになった影響で、押し買いはかなり減っています。
それでも特に気をつけたいトラブルは、次の2点です。

不当に安い値段で着物を査定される

業者としては、安く買って高く売りたいのは当然です。
こちらが着物の価値・相場を知らなければ、安い値段で買い叩かれてしまうかもしれません。  

買取金額の明細が発行されない

これは、数点まとめて査定した場合に注意が必要です。
買取した着物の名称や仕様の記載がなかったり、一式でいくらとなっていては、どの品を渡したのか記録が残りません。
仮にクーリングオフしたい場合に明細がなければ、渡した着物の証拠がなく返ってこない可能性があります。

出張式着物買取で注意すべきポイント

出張買取では直接やり取りをする分、気の弱い方は言われるままに売ってしまうケースがあります。
しかし査定金額に納得のいかない場合、きちんと断ることが大切です。
買取金額の相場が分からない時は、複数の業者に査定を依頼しましょう。
また、写真を撮ったり個別の明細をきちんと記載したり、記録を残すことが重要です。

宅配式着物買取でのトラブル例

最近ではインターネットの普及により、宅配での買取業者が増えてきました。
査定のみも可能で、ダンボールに着物をつめて送るだけなので手軽です。
しかし顔が見えないやり取りの分、トラブルに合いやすい傾向にあります。
宅配買取で多いトラブルは次の3点です。

査定だけのつもりが、送った品がなかなか返ってこない

宅配買取では、査定のみでも一度業者に着物を送ることになります。
手元から離れる分、不安がありますよね。
それなのに、なかなか査定結果が出ない、返送されない、業者と連絡がつかない、といったトラブルが多くあります。

送った着物の管理が雑である

送った先で、着物がどのような管理をされているか見えないことも不安要素です。
査定に納得がいかず返送してもらった場合に、雑に梱包される可能性があります。
これでは着物が傷んでしまかもしれません。

値段がつかない品を引き取ってくれない、高額な返送料を要求される

査定後、値段が付かない着物は引き取ってもらえない場合があります。
クリーニング費や処分費用の方が高くなってしまうからです。
この際に、高額な料金を請求されるトラブルが多く報告されています。

宅配式着物買取で注意すべきポイント

宅配買取では着物を送らなくてはいけないので、送った先での扱われ方に注意が必要です。
とは言っても一度送ってしまえば、こちらからは見ることができません。
宅配買取の際は、思い入れのある着物、高価な着物は送らない方が無難かもしれません。
またホームページ内の説明や利用規約をよく読み、不利益なことが書いていないか確認をしっかりしましょう。

着物買取とトラブル

着物買取の際にはさまざまなトラブルが考えられます。
なるべく信頼できる業者を選びたいですね。

シミのある着物は買い取ってもらう事はできる?

シミのある着物は買い取ってもらう事はできる?

着物を普段着にする女性はあまり多くないため、タンスの奥にしまっている間に謎のシミがついてしまうのはよくある話です。
しかしシミがあって着る事ができないからと捨ててしまうのは、もったいないので不用であれば、買い取り査定に出してみましょう。程度にもよりますがシミがあっても着物は買い取りの対象になる事があります。

着物買取でシミがある着物の価格は下がる?

着物の査定ポイントは主に『証紙の有無』『シミの有無』『傷やほつれなどの痛みの程度』『銘柄』『生地』『柄の流行り』『作家』で決まります。
ようするに高価で生地の質が高く、証紙があって着物の種類(銘柄)が明確、そして状態が良いほど高額の査定がつきやすいという事です。
よっぽど価値の高い着物であれば例外もありますが、基本的にはシミがあると査定は下がると考えていた方がいいでしょう。

自分でシミ抜きはした方がいい?しない方がいい?

シミ抜きは出来るならした方がいいですが、かえって着物を傷つけてしまう可能性があるなら止めた方が無難です。
元の色合いまで褪せるような事になってしまうと、最悪の場合買取価格が安くなるどころか、買い取り不可になる可能性もあるため気を付けましょう。

着物買取でシミ有りでも買い取ってもらう方法は?

着物買取でシミ有りでも買い取ってもらう方法は?

着物の買い取り方法は現在『出張』『宅配』『持込』の3つが主流です。
どの方法でもシミありの着物を買い取ってもらう事はできますが、向いている方法と向かない方法があるので覚えておきましょう。

3種の着物買取方法のメリットとデメリット

出張買取を利用するメリットとデメリット

家に来て査定をしてもらうので、シミの状態を説明・確認しながら査定額を聞いて、売る売らないを決められます。
手間がなく特別デメリットと言えるポイントもありませんが、お店により出張可能範囲が決まっているため利用できる人が限られます。

宅配買取を利用するメリットとデメリット

全国にある着物買取店が利用対象になるため、誰でもどこに住んでいても使えて便利です。
しかしシミ有りの着物を査定に出して値段がつかなかった場合、返送してもらうための送料が自己負担となってしまいます。
値段のつかなかった着物はいらないと思った際に無料で処分してくれるお店と、無料処分不可のお店があるので注意が必要です。

持込買取を利用するメリットとデメリット

着物を買い取っているお店に直接持ち込み査定をしてもらう方法なので、売りたい着物の数が少なければ面倒がありません。
しかしシミ有りの着物には値段がつかない事もあるため、持ち帰る事になってしまうと急激に面倒に感じられます。
またリサイクルショップ等と違い、着物買取専門店は数が限られる事に加え、事前に来店予約が必要な事も多いです。